【2019年版】マイニング投資 今の収益は?

2019年マイニング投資をして収益はどうなのでしょうか?
実際に機材を置いて運用してみました。

4カ月強の結果を発表します。

友人と一緒に起業したマイニング専門会社を大手取引所にバイアウトして、現在はそのままアドバイザーとして残っているマイニングの窓口編集長が解説します。

2019年2月からの収益結果

2019年2月からBitmain社のS11というASICで4カ月投資してみました。

結果的には+約4万円、年利で言う所の

188%

という驚異的な結果が出ました。

色々な要因もありますが、
どうやってここまでの数字に至ったのか
道程を書いていきたいと思います。

ASIC購入

2018年の冬にBitmain社からS11というASICが発売されました。

BTCの値段はまだまだ30万円台でくすぶっていたころです。

ASIC小売店にて購入し、輸送費込みで502ドルでした。

輸送先は電気代単価6セントで、運営費などすべてが入っているロシアのファームに直接送りました。

運用開始

1月25日に注文して、
1月28日にファームへ到着しました。

すぐにファームはASICを設置してくれて、
その後1月31日から運用開始いたしましたので
キリの良い2月1日から収益を計測します。

運用結果

2月の結果

このころはBTCが30万円台からそこを抜けてようやく40万円に入ったところです。

ディフィカルティも復調してきました。

結果としては38.52ドル(約4,200円)です。

3月の結果

月を通してBTCが40万円でしたが段々と上昇気流にのってきた感じが。

ディフィカルティもそれにともなって少しずつ上昇。

結果としては45.44ドル(約5,000円)です。

4月の結果

この月はBTCが50万円台を駆け上がっているときですね。

毎月10万円ずつ上がっていっています。

もちろんディフィカルティも順調に上がっています。
結果としては67.32ドル(約7,400円)です。

5月の結果

BTC爆上げです。

50万円から一気に100万円近くまで上がりました。

ディフィカルティも順調に上がっていますが、
このころになると7nmチップを積んだ最先端のASICが出回ってきていますので、
マイナーが増えているというより機械の新旧交代が進んでいるのかなと思います。

結果としては、120.18ドル(約13,219円)

6月の結果

現在6月18日ですので、そこまでの結果です。

とうとうBTCが100万円になり、ディフィカルティも過去最高になりました。

しかしながら利益はどんどん上がっています。

今のところの結果は、86.04ドル(約9,500円)となっています。

月換算だと15,000円くらいになる予定です。

運用の結果(2019年 2月1日から6月18日まで)

2月3月4月5月6月
利益$38.52$45.44$67.32$120.18$86.04
BTC価格$3,455$3,837$4,138$5,354$8,541
ディフィカリティ5.8147T 6.0718T 6.3793T 6.353T 7.459T

2019年2月1日から6月18日(138日間)

合計 357.49 ドル(約39,323円)

年利換算 187%

あとひと月くらいで原資が回収できるので、
そのあとは毎月100ドル(11,000円)くらいが何もせずにもらえる状態になります。

今回はBTCの急上昇というのにも助けられましたが、
それを差し引いてもとても良い投資となりました。

何しろ一回預けたらあとはお任せというのがよいですね。

この間一回もASICは止まったり壊れたりしませんでした。

Bitmain社のASICはとても頑丈らしく2年くらいは余裕でどの機種も順調だそうです。

幸い壊れてもBitmain社公式リペアが常駐しているのですぐに修理してもらえます。

もし、価格がずっと横ばいだったらという最悪のケース

1月2月はほぼ底を漂っている状況でしたが、
もしこの状況が続いていたらどうなっていたのでしょう。

2月の結果は38.52ドルで年利換算すると約100%でした。

という事は1年間で大体機材代を回収することになります。

来年の2月ということになりますが、
その後は回収した後ですからそのまま停滞していても、
2年間で倍になります。

最悪がそれですから非常に効率が良い投資です。

数字から見て今はチャンスなのか?

先ほどの表を見ていただくと、

2月3月4月5月6月
利益$38.52$45.44$67.32$120.18$86.04
BTC価格$3,455$3,837$4,138$5,354$8,541
ディフィカリティ5.8147T 6.0718T 6.3793T 6.353T 7.459T

BTCの価格が倍以上になっているのにも関わらず、
ディフィカルティが10%程度しか上がってきていません。

この期間中に最先端のASICが発売されており、
中国が雨季になって(電気代が安くなる)
ディフィカルティが上がる要因は他にも沢山ありました。

それにもかかわらず10%程度しか上がっていないという事は
まだまだ世界的にマイニングを投資としてとらえていない方が多いのかなと思います。

逆に投資家にとってはチャンスですから、
今のうちにもう少し仕込んでおきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です